審査に気をつけて利用したい消費者金融

キャッシング系のサービスのなかでも、審査に甘いのが消費者金融です。
消費者金融ではアルバイトやパートにも利用できるように提供していることが多く、なかには自営業者向けにサービスを展開していることもあります。

とはいえ安定して稼いでいる人のほうが審査には有利ですし、今働いている仕事の勤続年数なども考慮することがほとんどです。
基本的には返済できる人なのか、その信用で判断するので、それを満たしているのか意識して受けましょう。
消費者金融によってはサイト内に審査を診断してくれるコンテンツが用意されていることもあるので、通るかどうか気になる人はシミュレーションしてもらいましょう。

申込みはインターネットでも可能なところが増えています。
店舗、自動契約機などを利用するのが不安なときにはパソコンなどで申し込むと良いでしょう。
ちなみに電話での申込みも行えるところがほとんどです。オペレーターは女性である場合が多いので利用もしやすいです。

消費者金融の審査が厳しい場合があります。それには理由があるのです。
消費者金融は気軽にお金を借りることが出来る点では良いところかもしれません。
銀行でお金を借りられなくなった人でも借りることができる場合があります。

ただし、一度でも返済が滞るとお金を借りられなくなってしまいます。
今まで借りていた業者だけでなく、他の業者でも借りられなくなってしまいます。
消費者金融には横のつながりがあり、審査の時にお金を借りた人のデータを調べられるようになっているのです。

そこで、過去に返済が滞った経験のある人はわかってしまうのです。
こういったことがわかると、審査に通らないのです。消費者金融はお金を貸すよりも、貸したお金を回収することが大事なのです。
貸したお金が戻って来なければ、会社の存続に関わってくるからです。
なので、返済が滞ってしまうと厳しい取り立てにあってしまうのです。
借りた方にも問題があり、毎月返さなければいけないお金は絶対に返さなければならないのです。
もし困ったことがあれば、すぐに相談しなければならないのです。なので、取り立てをする側ばかりを非難してはなりません。

一度でも返済延滞や未納がつくと、信用情報にその履歴が残ります。いわゆる「ブラックリスト」というものです。
一度履歴が残ると、消費者金融で借り入れをする際に「審査」で落ちてしまう可能性が出てきます。しかし、まあ大丈夫だろうと消費者金融に新規借入を申し込んでみたとします。しかし審査に落ちてしまいました。

その時、「消費者金融に申し込みをした」という履歴も残ってしまうため、一度審査に落ちると他の消費者金融での審査もより厳しいものになってしまいます。
近い期間で立て続けに申込をすると審査に落ちる確率が極めて高くなるので、最低3~6ヶ月は期間をあけましょう。
また、クレジットカードや公共料金、携帯など支払いは延滞をせずにきっちり期限までに支払う事が大切です。
それを続ける事で信用が築かれ、審査に通りやすくなります。
>>>トラブルを抱えているのですが…こんな私でもお金を借りられますか? | カードローンランド

消費者金融は主婦でもお金が借りられる

家計を預かる主婦の方でも急な出費に困り「お金を借りたい」と思うこともあるはずです。
例えば、「遠方の親せきや友人の結婚式に招待された」「子供の習い事で資格を取得するためにお金がいる。遠征の試合に行かなければいけない」などといった場合です。

貯金を切り崩したり、両親などの借りるあてがある人はいいのかもしれませんが、中にはそうはできない人もいるでしょう。
そういう方々にお勧めなのが消費者金融です。
現金収入が全くない専業主婦の方は、残念ながら消費者金融からお金を借りることができませんが、正社員ではなくてもパートやアルバイトなど一定の収入が見込まれる方はお金を借りることが可能なのです。

借りられるお金の限度額はそれほど大きくないのですが、少額なら即日に融資してもらえることもあります。
ネットやスマートフォンから審査を申し込みます。
早い場合は数時間ぐらいで審査が完了することもあります。
返済方法もコンビニなどのATMからできるので便利です。

カードローンをクレジットカード代わりに使っています。

最近三か月に一回カードローンを利用しています。
三か月に一度カードローンでお金を借りて欲しい物を購入して、三か月で返済し、返済が終わったらまた好きな物を買うという繰り返しです。
普通の感覚でいったらちょっとお金を借りすぎなんじゃないかと思われるかも知れませんが、私はクレジットカードを持っていないので、クレジットカード代わりにカードローンを利用しているといえば納得してもらえるかも知れません。

利息的にも大してクレジットカードと変わりませんし、分割で物を買っている感覚は同じです。
お金を先払いにしているのか後払いにしているのかくらいの違いだと思います。
わりと賢い使い方だと思うのですが、あまり理解はされません。やっぱりお金を借りるというのはまだまだ抵抗があるのでしょうか?

現金一括だと商品代金の割引があったりすることもありますので、興味があったらやってみて下さい。
使いすぎなければカードローンは本当に便利なものですよ。
契約した会社によっては一か月無利息なんてサービスもありますのでお得なこともありますしね。

消費者金融の審査をどうかんがえるか

一般的なイメージとしては銀行と比べると消費者金融のキャッシングやカードローンの審査は厳しくないと言われています。
しかし、消費者金融とひとくくりにしますが、誰でもが知っているような大手の消費者金融から街金と言われることもある小規模な消費者金融まで幅が広いのが消費者金融の特徴であるとも言えます。

もちろん、キャッシングやカードローンの審査でも大手の消費者金融と中小の消費者金融の審査基準は明確に違っており、大手になるほど審査が厳しくなっていくと考えたほうがいいでしょう。
よく小規模な消費者金融と闇金とを混同している人がいますが、法律の枠内で営業をしている消費者金融と法律の枠外で営業をしている闇金とは全く違うものです。

法律の枠内で営業をしている消費者金融ならば、利息制限法による法定利息以上の利息を取ることはできませんので、小規模であっても消費者金融であればそれなりの安心感はあります。闇金では利息は制限されていません。

本屋の貧乏なワンダーフォーゲル

これまで何度か消費者金融の問題が社会で大きく取り上げられることが有りました。
私の記憶では1980年代の初めの頃だったと思いますが、もしも自分の家族が借金を抱えていたら、と思い、何か対策を考えておいた方が良いかも。と思いました。

理由はこうです。
テレビドラマなどで見さされる借金の取り立てのシーンがとてもリアルで、もし自分が当事者だったら…、と思ったら気分がとても沈んだからです。
幸い私の周囲でそのような光景を実際に目にすることはありませんでしたが、私は相手の言うがままにはなりたくはありませんでした。
貧乏学生でしたし、相談できそうな相手も思いつかなかった私はある行動を起こしました。

大きな本屋へ行き、立ち読みで対抗策を知ることにしたのです。
図書館の本は目的の物に出会うことが少なく、時間を徒に浪費したくなかった私はアルバイトと学業の間を調整し、何軒かの本屋を渡り歩きました。
ここでのコツは1冊あたり10分程度を上限にしたことです。
内容は似たようなものが多かったのですが、目的と方針を定めたことは正解だと思いました。

本屋さんには申し訳ないと心で謝り続け、知識を得ていったのです。
私は現在でも借金ができる立場にはありませんが、借金の怖さを知れて良かったとつくづく思います。